アフラック WAYS

アフラックのWAYSは、60歳までは他の終身保険と同じく通常の死亡保障だけですが、60歳以降その保障を医療保障、年金、介護年金の3つのコースのどれかに変更できる※1終身保険です(変更せずそのまま死亡保障を継続することももちろん可能)。

年金や介護年金へ移行できる終身保険は他にもありますが、WAYSの場合、その時の健康状態にかかわらず終身医療保険に変更できるのが最大のメリットです(ケガによる入院保障は90歳までです)。
保険料の払込期間は60歳まで(65歳払済コース選択可)なので、リタイアメント後の保険料負担はありません。

また、このWAYSは低解約返戻金型の終身保険で、保険料払込期間中の解約払戻金を通常の70%にすることで、保険料が低く設定されています(保険料払済後は解約返戻金はUPします)。

60歳以降に医療保障を選択した場合、もともとの設定保険金額が500万円なら、入院給付金日額10,000万円(入院1日目から保障)、手術給付金10・20・40万円(手術の種類によって金額が異なる)が受け取れ、死亡保障(高度障害)も付きます※2
また、5年間で継続10日以上の継続入院が無かったときは、65・70歳時に健康祝金が支払われます。
年金や介護年金の受取期間はそれぞれ5年間です。

アフラックのWAYSは、終身保険を検討しているけど、将来保障を変更できたらいいなと考えている方にはおすすめの保険です。

※158歳の時に「医療保障」コース、「介護年金コース」へ変更するかどうか選択します。「年金」コースへの変更は60歳以降でも可能。
※2医療保障の内容は、もともとの設定保険金額によって変わります。

アフラック WAYSの特徴

  1. 低解約返戻金型なので保険料は割安。
  2. 保険料の支払いは60・65歳までで、保障は一生涯。
  3. 契約年齢は3〜55歳まで(65歳払済の場合は60歳まで契約可)。
  4. 保険料の払込満了の2年前に、医療保障か介護年金への移行を選択する(年金になら60歳以降でも変更可。死亡保障を継続するなら特に手続きの必要なし)。
  5. その時の健康状態にかかわらず医療保険に加入することができる。
  6. 保険金額は最低200万円から1,500万円まで100万円単位で設定(40歳以上の人は1,000万円まで)。
  7. 途中で解約すると通常の終身保険よりも解約返戻金が少ないので注意が必要。

月保険料一例(保険金500万円・男性・60歳払済)
契約年齢30歳 8,870円  40歳 14,355円  50歳  30,525円

生命保険の無料資料請求はこちら(一括資料請求可)

生命保険の検討なら、その場で各社の保険料が見られる保険モール

※中ほどにある「保険を比較する」から、年齢・性別を入力し終身保険を選択(クリック)すると、保険料の安い順に保険商品が並んで表示され、保険内容の比較が可能です。
「絞り込み条件を設定する」を使えば、より詳細で的確な見積もりも出せます。


FPによる保険無料相談の申し込みはこちらから


【他のおすすめ終身保険(終身保険の比較)】

東京海上日動あんしん生命 長割り終身

ソニー生命 変額保険終身型