終身保険の種類

終身保険は次の3種類があります。
1. 定額型(普通)終身保険
2. 利率変動型終身保険
3. 変額保険終身型

定額型(普通)終身保険は、亡くなった時に受け取る保険金や解約返戻金があらかじめ決まっている終身保険です。
解約返戻金は加入して何年後(何歳時)にいくら受け取れるのかを最初から知っておくことができます。
これは保険の金利が固定されているからで、住宅ローンで例えるなら固定金利制と言えます。
それに対し、利率変動型終身保険と変額保険終身型は変動金利制です。

利率変動型終身保険は、保険の最低運用金利を2%(1.5%にしている保険会社もあります)にしていて、保険会社がそれを上回る実績で運用できれば、受取保険金や解約返戻金も増えるという終身保険です。
たとえどんなに運用成績が悪くても、2%の運用利回りまでは最低保証されています。
定額型終身保険と比較すると、同じ保険金額では保険料は定額型終身保険よりも安く、運用実績が良ければ(2%を上回れば)、死亡時保険金額(上乗せ分)と解約返戻金が定額型より増えます。

変額保険終身型は、死亡時の受取保険金は契約時の金額が保証されますが、運用次第では保険金の上乗せ部分と解約返戻金がゼロになる可能性もある保険です。
変額保険の実態は積立型の投資信託であり、集められた保険料を株式や債券で運用しています。
運用先のタイプとして、日本株式型や世界株式型、債権型などがあり、自分で運用先の配分を選択できるものもあります。
解約返戻金の最低保証がないので、加入前にリスクに関する説明をすることが保険会社に義務付けられており、加入者は説明を受けたことを証明するために同意書に署名・捺印する必要があります。
しかし保険商品なので、運用実績が例えマイナスでも死亡保険金は設定した金額を必ず受け取ることができます。
変額保険終身型を利率変動型終身保険と比較すると、同じ保険金額では変額保険のほうが保険料が安く、運用実績が良ければ利率変動型終身保険よりも高いリターンが期待できますが、場合によっては解約返戻金がゼロになる可能性もあります。

終身保険はどのタイプを選択しても、死亡時の受取保険金は確実に保証されています(会社が無くならない限り)。
ですから、途中解約することも想定し、支払った保険料相当の解約返戻金を確実に受け取りたい人は定額(普通)終身保険か利率変動型終身保険を、当初の死亡保険金さえ確保できれば、リスクをとっても構わないという人は変額保険終身型を選択すればいいと思います。

おすすめの終身保険(終身保険の比較)


FP(ファイナンシャルプランナー)に保険を相談しよう

生命保険は決して難しいものでありません。
しかし、保険の加入や見直しにあたって、自身や家族に必要な保障額や最適な保険の種類を知り、さらにたくさんの保険会社や保険商品の中から、自分にぴったりで保険料もお得なメリットの大きい保険を探すのは、かなり手間がかかる作業です。
最近は、保険ショップや保険代理店がおこなう保険相談サービスを利用する人がとても増えています。
ライフプランや家計の見直し、保険料節約のためにもぜひ利用してみてください。

⇒ FPに保険を相談しよう(無料保険相談サービスの紹介)

⇒ 有料相談にもメリット有り(有料保険相談サービスの紹介)

おすすめの医療保険(終身型)

近年は生命保険(死亡保険)の契約数・契約高が減少傾向の中、成長分野である医療保険をめぐって生保・損保各社が特に激しい競争を繰り広げています。
そんな中、保障内容が充実し保険料もリーズナブルな終身型の医療保険商品が増えてきています。

⇒ おすすめの終身医療保険