定期保険の見直しならコレ(おすすめ定期保険)

定期保険は、加入時に定めた保険期間内に死亡する(あるいは高度障害となる)と、加入時に設定した保険金が受け取れますが、保険期間を1日でも過ぎれば保険金は受け取れず掛け捨てとなる保険です。
定期保険は掛け捨て型の保険なので、終身保険や養老保険と比べると保険料は安く、少ない負担で5年や10年など一定期間内だけ大きな保障を得たい場合に適した保険です。
定期死亡保険は生命保険の基本といってもよく、中でも保険金額が保険期間中変わらない一般的な定期保険(定額定期保険)は、それ自体は仕組みがとてもシンプルで、保険会社によって変わることはないほとんどありません。
ですから定額定期保険の選択基準は保険会社の信用度と保険料だけでいいと思います。
定期保険において保険会社による保険料の差は、付加保険料部分の違いだけと言っていいでしょう。
付加保険料とは保険会社の販売管理費等の経費に使われるお金です。
最近、ネット専業保険会社のライフネット生命が、業界ではじめて付加保険料率を全面開示したように、低コストで格安保険料を実現し、それをアピールして消費者に選択してもらおうとする保険会社も増えています。
定期死亡保険は、10年など一定期間内だけ保障を得るという商品性から、そのようなネット専業や通販系など、シンプルな保障内容で保険料が低い保険会社の商品から選ぶのがおすすめです。

1.オリックス生命 ファインセーブ
オリックス生命の「ファインセーブ(Fine Save)」は、解約返戻金を無くすることで割安な保険料を実現した、死亡保障だけに特化したシンプルな掛け捨て型の保険です。保険期間と保険金額を自由に設定し、自分や家族にぴったりな…
オリックス生命 ファインセーブの詳細はこちら


FP(ファイナンシャルプランナー)に保険を相談しよう

生命保険は決して難しいものでありません。
しかし、保険の加入や見直しにあたって、自身や家族に必要な保障額や最適な保険の種類を知り、さらにたくさんの保険会社や保険商品の中から、自分にぴったりで保険料もお得なメリットの大きい保険を探すのは、かなり手間がかかる作業です。
最近は、保険ショップや保険代理店がおこなう保険相談サービスを利用する人がとても増えています。
ライフプランや家計の見直し、保険料節約のためにもぜひ利用してみてください。

⇒ FPに保険を相談しよう(無料保険相談サービスの紹介)

⇒ 有料相談にもメリット有り(有料保険相談サービスの紹介)

おすすめの医療保険(終身型)

近年は生命保険(死亡保険)の契約数・契約高が減少傾向の中、成長分野である医療保険をめぐって生保・損保各社が特に激しい競争を繰り広げています。
そんな中、保障内容が充実し保険料もリーズナブルな終身型の医療保険商品が増えてきています。

⇒ おすすめの終身医療保険