終身保険の見直しならコレ(おすすめ終身保険)

ここでは、保険料が比較的安く済み、主契約のみでシンプルでわかりやすい(特約を付けることもできます)おすすめの終身保険を紹介します。
いずれも多くのファイナンシャルプランナー(FP)など保険のプロ自身が加入していたり、相談者におすすめしている保険です。
なお、ここでは保険の簡単な概要の説明しかしておりませんので、もっと詳しく知りたい方、加入を検討したい方は、資料を取り寄せたり、FPによる生命保険無料相談を受けるなどしてご検討して下さい。

1.東京海上日動あんしん生命 長割り終身
長割り終身(5年ごと利差配当付低解約返戻金型終身保険)は、保険料払込期間の間の解約返戻金を通常の終身保険の場合の約70%に抑えることで、保険料を低く抑えた新しい形の終身保険です。
例えば、30歳の男性が1,000万円の終身保険(払込期間が60歳まで)に加入する場合、通常の終身保険ではの保険料が月20,350円なのに対し、長割り終身だと17,040円と、同じ保障で月々の保険料が3,310円も安くなります…
東京海上日動あんしん生命 長割り終身の続きはこちら

2.アフラック WAYS
アフラックのWAYSは、60歳までは他の終身保険と同じく通常の死亡保障だけですが、60歳以降その保障を医療保障、年金、介護年金の3つのコースのどれかに変更できる保険です(変更せずそのまま死亡保障を継続することももちろん可能)。
年金や介護年金へ移行できる終身保険は他にもありますが、WAYSの場合、その時の健康状態にかかわらず終身医療保険に変更できるのが最大のメリットです…
アフラック WAYSの続きはこちら

3.ソニー生命 変額保険終身型
ソニー生命の変額保険終身型は、1,000万円なら1,000万円の死亡や高度障害の保障を、現在一番安い保険料で買える保険です。
変額保険ですので、死亡時の受取保険金は契約時の金額が保証されますが、解約返戻金には最低保証がありません。
したがって、運用次第では保険金の上乗せ部分と解約返戻金が大幅に増える可能性がある代わりに、解約返戻金が支払い保険料を下回る可能性もあります…
ソニー生命 変額保険終身型の続きはこちら


FP(ファイナンシャルプランナー)に保険を相談しよう

生命保険は決して難しいものでありません。
しかし、保険の加入や見直しにあたって、自身や家族に必要な保障額や最適な保険の種類を知り、さらにたくさんの保険会社や保険商品の中から、自分にぴったりで保険料もお得なメリットの大きい保険を探すのは、かなり手間がかかる作業です。
最近は、保険ショップや保険代理店がおこなう保険相談サービスを利用する人がとても増えています。
ライフプランや家計の見直し、保険料節約のためにもぜひ利用してみてください。

⇒ FPに保険を相談しよう(無料保険相談サービスの紹介)

⇒ 有料相談にもメリット有り(有料保険相談サービスの紹介)

おすすめの医療保険(終身型)

近年は生命保険(死亡保険)の契約数・契約高が減少傾向の中、成長分野である医療保険をめぐって生保・損保各社が特に激しい競争を繰り広げています。
そんな中、保障内容が充実し保険料もリーズナブルな終身型の医療保険商品が増えてきています。

⇒ おすすめの終身医療保険