入院期間について

医療保険には、1入院の保障期間と通算の保障期間がそれぞれ決められています。
1入院の保障期間としては60・120・180・240・360日などがあります。
普通に考えれば保障期間が長いほど安心ですが、その代わり保障期間が長ければ当然保険料は高くなります。
では、通常病気で入院する場合、入院期間はどれくらいになるのでしょうか。

厚生労働省では5年ごとに病気に関する「患者調査」をおこなって発表しています。
最新の平成17年度の患者調査によれば、全入院患者の平均在院日数は37.5日です。
病気別では、胃がんが34.6日、肺がん(気管,気管支のガンを含む)が34.1日、大腸がんが30.7日、肝がんが26.9日、心疾患(高血圧性のものを除く)27.8日、脳卒中が101.7日、糖尿病が34.4日、肝臓疾患が30日です。
このように脳血管疾患(脳卒中)を除けば、ほとんどの病気の平均入院日数は40日以内に収まります

なお、一般的に脳卒中はガンに比べて発症年齢が高く、入院期間も高年齢になるほど著しく長期間になります(ほとんど全ての病気においても、一般的に年齢が高いほど入院期間は長くなります)。
また、ガンは1入院期間はそれほど長くはありませんが、再発する確率が高く、末期になると入院期間は長くなります。

このように統計から見れば、医療保険の1入院における保障期間は60日か120日(生活習慣病には保障期間を長くする医療保険もあります)にして、通算入院保障期間は長めにするのがいいかと思います。

おすすめの医療保険(終身医療保険の比較)

おすすめのガン保険(ガン保険の比較)


FP(ファイナンシャルプランナー)に保険を相談しよう

生命保険は決して難しいものでありません。
しかし、保険の加入や見直しにあたって、自身や家族に必要な保障額や最適な保険の種類を知り、さらにたくさんの保険会社や保険商品の中から、自分にぴったりで保険料もお得なメリットの大きい保険を探すのは、かなり手間がかかる作業です。
最近は、保険ショップや保険代理店がおこなう保険相談サービスを利用する人がとても増えています。
ライフプランや家計の見直し、保険料節約のためにもぜひ利用してみてください。

⇒ FPに保険を相談しよう(無料保険相談サービスの紹介)

⇒ 有料相談にもメリット有り(有料保険相談サービスの紹介)

おすすめの医療保険(終身型)

近年は生命保険(死亡保険)の契約数・契約高が減少傾向の中、成長分野である医療保険をめぐって生保・損保各社が特に激しい競争を繰り広げています。
そんな中、保障内容が充実し保険料もリーズナブルな終身型の医療保険商品が増えてきています。

⇒ おすすめの終身医療保険