セコム損保 自由診療保険メディコム

セコム損保のがん保険 自由診療保険メディコム セコム損保のガン保険「自由診療保険メディコム」は、現在日本で最も保障の手厚いがん保険です。メディコムは公的保険診療の自己負担分(3割)と、健康保険適用外の先進医療に係る費用を実費(つまり全額)保障しているので、治療費を心配せずに治療に専念できます。

自由診療保険メディコムのおすすめポイント

  • 自由診療でも公的保険診療でもガンの入院治療費の実費を無制限で補償します。
  • がんと診断されたときのガン治療準備保険金やガン入院諸費用保険金、ガン退院療養保険金など、治療費以外の諸費用も定額支払でサポートします。
  • がんに対する相談やセカンドオピニオン、メンタルケアのための「メディコム・ナースコール」を何度でも利用できます。
  • 入院・療養期間中の所得補償制度が無い自営業・自由業の人などに特におすすめです。

自由診療保険メディコムの保障内容と加入条件

ガン治療準備保険金
(診断給付金 ※上皮内がん含)
50万円(65歳以上の場合は10万円)
※最終診断確定日から3年経過後なら何度でも受け取れる
ガン入院諸費用保険金 @ 入院開始時10万円
A 入院日数×1万円
(入院開始日から45日間まで ※1)
ガン入院費用保険金(手術費を含む入院治療費にかかった費用) 実額払い(入院開始日から45日間まで ※1)
ガン外来手術費保険金(手術を伴う通院治療費にかかった費用) 実額払い(治療開始から180日まで。最終治療日から3年経過すれば、新たな通院とみなす)
ガン退院療養保険金 50万円(65歳以上の場合は10万円)
※最終退院日から3年経過すれば、何度でも受け取れる
メディコム・ナースコール がんに関する相談やメンタルケア、セカンドオピニオンの提供など
なお、がんと診断されて、手術を伴う外来の通院治療に要する費用は保障の対象となります(ガン外来手術費用保険金)が、がんと診断されても手術を必要としないで、投薬等での通院のみの治療は対象外となります(放射線治療、温熱療法治療については手術に含まれます)。

※1: 45日を超えても、医師が自由診療による継続入院が必要と判断した場合は、引き続き保障が受けられます。 また、最終入院の退院日から3年経過すれば、新たな入院治療と見なされます。

契約年齢: 満16歳〜74歳
保険期間: 5年ごとの更新(100歳まで)
保険料払込方法:  月払
加入審査:  医師の審査は不要です

自由診療保険メディコムの月保険料一例(男性)

契約年齢 30〜34 35〜39 40〜44 45〜49 50〜54 55〜59 60〜64 65〜69 70〜74
30〜34 1,570 1,570 1,890 2,360 3,430 5,110 7,540 8,260 9,830
35〜39 1,850 2,220 2,760 3,990 5,930 8,750 9,580 10,960
40〜44 2,550 3,170 4,590 6,830 10,090 11,070 12,700
45〜49 3,560 5,180 7,740 11,500 12,690 14,630

がん保険の無料資料請求はこちらから(一括資料請求可能)

保険モール/各社がん保険の保険料をネット上でリアルタイム検討

※中ほどにある「保険を比較する」から、年齢・性別を入力しがん保険を選択(クリック)すると、保険料の安い順に保険商品が並んで表示され、保険内容の比較が可能です。
「絞り込み条件を設定する」を使えば、より詳細で的確な見積もりも出せます。


FPによる保険無料相談の申し込みはこちらから


【他のおすすめのガン保険】

東京海上日動あんしん生命 がん治療支援保険

アフラック フォルテ( f )