自営業者には医療保険が必要

病気にかかって入院するとお金がかかります。
入院期間が短ければ、人生設計が大きく狂うほどの高額な出費にはなりませんが、入院が長期間に及んだり、入退院を繰り返したりする場合は、医療保険に加入していなければ家計に及ぼす負担は大きくなります。

病気で入院するとかかるのは医療費の自己負担分だけではありません。
それにプラスして、入院中の食事代(一部)や諸雑費、差額ベッド代、そして病気によっては先進医療費(先進医療を受けた場合、その医療以外の基礎的な部分(入院料や薬代など)には保険が適用されます。保険給付の対象となっていない技術料の部分は自己負担となります)などがあります。
病室に個室などを希望する場合は差額ベッド代がかかりますが、その額は全国平均で3,000〜5,000円/日、首都圏ではその倍以上となり、入院日数が長引けば大きな負担となります。
⇒差額ベッド代には気を付けよう

さらに、長期入院するとなると、仕事を休まなければなりませんので、その間の所得が減少することも当然考えなければなりません。
サラリーマンであれば有給休暇もあるし、健康保険組合の加入者なら、長期療養の場合でも標準月額報酬の3分の2が最長1年半保障されています。
さらに、所得により自己負担限度額を超えた医療費が返還される高額療養費制度があるので、これらの制度を利用すれば負担をかなり減らすことができます。
⇒高額療養費制度

しかし、自営業者の場合は、高額療養費制度は適用されますが、給与所得者と違って仕事ができなければその間の収入が全く途絶えてしまう可能性があります。
したがって、自営業の方は医療保険に必ず入っておくようにしましょう。

おすすめの医療保険(終身医療保険の比較)

おすすめのガン保険(ガン保険の比較)


FP(ファイナンシャルプランナー)に保険を相談しよう

生命保険は決して難しいものでありません。
しかし、保険の加入や見直しにあたって、自身や家族に必要な保障額や最適な保険の種類を知り、さらにたくさんの保険会社や保険商品の中から、自分にぴったりで保険料もお得なメリットの大きい保険を探すのは、かなり手間がかかる作業です。
最近は、保険ショップや保険代理店がおこなう保険相談サービスを利用する人がとても増えています。
ライフプランや家計の見直し、保険料節約のためにもぜひ利用してみてください。

⇒ FPに保険を相談しよう(無料保険相談サービスの紹介)

⇒ 有料相談にもメリット有り(有料保険相談サービスの紹介)

おすすめの医療保険(終身型)

近年は生命保険(死亡保険)の契約数・契約高が減少傾向の中、成長分野である医療保険をめぐって生保・損保各社が特に激しい競争を繰り広げています。
そんな中、保障内容が充実し保険料もリーズナブルな終身型の医療保険商品が増えてきています。

⇒ おすすめの終身医療保険