医療保険は終身払いか有期払いか

終身医療保険の保険料の払込方法には、終身払い有期(短期)払いがあります。

終身払いは文字通り保険を解約するか死ぬまで毎月保険料を支払い続けます。
有期払いの場合は、保障は終身だけど、保険料の払込は 60歳や65歳までで終わります。
有期払いのメリットは高齢になってから保険料を支払う必要がなくなることですが、その代わり月々の保険料は終身払いに比べて高くなります。
終身払いのメリットは月々の保険料が安いことで、さらに60歳以降は保険料が半額になる医療保険等も販売されています。

終身払いと有期払いにはそれぞれ長所短所があり、一概にどちらがいいとは言えません。
一般的には高齢になり年金生活になってから保険料を支払い続けるのは大変だから、ほぼ現役中に保険料を支払い終える有期払いのほうが良いと思われています。
しかし、若いうちに加入すれば、月々の保険料は安いので、終身払いにしても保険料自体はそれほど大きな負担にはならないでしょう。

医療保険の商品開発は、健康保険制度や医療技術の更新とリンクしています。
現在の医療保険は入院給付と手術給付が中心ですが、自己負担率100%の高額な先進医療に対応している保険はまだわずかです。
しかし、今後は高騰した医療費の抑制政策や医療技術の発達により、できるだけ入院させない、または入院期間を減らしていく方向になることは確実で、またがんや生活習慣病を中心に、一般手術に代わる新しい治療方法や抗ガン剤などの薬が開発され認可されていくと思われます。

現在これらの新しい治療方法の多くは、先進医療として自由診療(健康保険適用外)の範疇ですが、将来的には先進医療のニーズがますます高まることは間違いないでしょう。
医療保険もこれらの変化に対応するように、新しい商品が開発され世に出てくるものと思われます。
したがって、将来的には医療保険を見直す可能性も考えたほうがいいかも知れません。
もし医療保険を後々に乗り換えることがあるとするなら、月々の保険料が安い終身払いにしておくほうがいいでしょう。

おすすめの医療保険(終身医療保険の比較)

おすすめのガン保険(ガン保険の比較)


FP(ファイナンシャルプランナー)に保険を相談しよう

生命保険は決して難しいものでありません。
しかし、保険の加入や見直しにあたって、自身や家族に必要な保障額や最適な保険の種類を知り、さらにたくさんの保険会社や保険商品の中から、自分にぴったりで保険料もお得なメリットの大きい保険を探すのは、かなり手間がかかる作業です。
最近は、保険ショップや保険代理店がおこなう保険相談サービスを利用する人がとても増えています。
ライフプランや家計の見直し、保険料節約のためにもぜひ利用してみてください。

⇒ FPに保険を相談しよう(無料保険相談サービスの紹介)

⇒ 有料相談にもメリット有り(有料保険相談サービスの紹介)

おすすめの医療保険(終身型)

近年は生命保険(死亡保険)の契約数・契約高が減少傾向の中、成長分野である医療保険をめぐって生保・損保各社が特に激しい競争を繰り広げています。
そんな中、保障内容が充実し保険料もリーズナブルな終身型の医療保険商品が増えてきています。

⇒ おすすめの終身医療保険