医療保険は終身型に

医療保険にも死亡保険と同様に定期医療保険終身医療保険があります。

死亡保険の場合は、定期保険と終身保険ではその目的が大きく違います。
終身保険は自分の死後の葬式代や主に配偶者の生活保障、また貯蓄性があるので長生きした場合は解約して年金として使うこともできる、など融通性がある保険であるのに対し、定期保険は短期限定で自分にもしものことがあった場合の大きな保障を約束するもので、子供が大人になるまでの教育費のために加入する等の利用方法に向いています。

いっぽう医療保険の場合は、基本的に自分のために掛ける保険ですので、死亡保険のように定期と終身の利用方法の違いが見出しにくいと言えます。
強いて言えば、ある一定期間に特定疾病に罹患しやすい環境で仕事に従事する場合などは、その間定期医療保険に加入する必然性があるかも知れませんが、そのような状況はとてもまれでしょう。
人間年を取るほど病気になって入院や手術をする可能性は高いし、また保険に加入していた人が無保険になるととても不安なので、定期医療保険の場合満期を迎えれば、ほとんどの人が更新するか他の医療保険に入り直します
その時の保険料は、同じ保障にしても年齢が上がる分以前より相当高くなります。
したがって、医療保険は最初から終身医療保険を選ぶのが正解と言えます。

病気は基本的に一生涯の間誰にでも起こりうるので、医療保険は誰にでも必要な保険です。
したがって、独身者でも家族持ちの人であっても、死亡保険よりまずはじめは医療保険の加入を考えるべきだと思います。
医療保険は年齢が上がるほど月々の保険料が高くなるのに加えて、なにかの病気持ちだったり既往歴があれば加入できないこともあるので、若くて健康なうちに入っておいた方が安心だからです。
保険は原則的に必要だと思った時に加入したほうがいいのですが、医療保険の場合は(⇒生命保険に強く関わる事実)からみても、先を見越してできるだけ早めに加入しておいた方がいいでしょう。
ただし、保険に入る代わりに医療費に備えて貯金をしているので将来困らないよという人は別です。

おすすめの医療保険(終身医療保険の比較)


FP(ファイナンシャルプランナー)に保険を相談しよう

生命保険は決して難しいものでありません。
しかし、保険の加入や見直しにあたって、自身や家族に必要な保障額や最適な保険の種類を知り、さらにたくさんの保険会社や保険商品の中から、自分にぴったりで保険料もお得なメリットの大きい保険を探すのは、かなり手間がかかる作業です。
最近は、保険ショップや保険代理店がおこなう保険相談サービスを利用する人がとても増えています。
ライフプランや家計の見直し、保険料節約のためにもぜひ利用してみてください。

⇒ FPに保険を相談しよう(無料保険相談サービスの紹介)

⇒ 有料相談にもメリット有り(有料保険相談サービスの紹介)

おすすめの医療保険(終身型)

近年は生命保険(死亡保険)の契約数・契約高が減少傾向の中、成長分野である医療保険をめぐって生保・損保各社が特に激しい競争を繰り広げています。
そんな中、保障内容が充実し保険料もリーズナブルな終身型の医療保険商品が増えてきています。

⇒ おすすめの終身医療保険