ガン保険は入るべきか

がんは日本人の死亡原因の1位で約30%を占めています。
そのためガン保険は最近とても人気があり、一般の医療保険よりも保険料が比較的安いこともあり、医療保険には加入せずガン保険だけ入っている人も多いようです。
しかし、確かに他の病気に比べてがんは死亡する確率が高い病気ですが、それでもがんで亡くなる人は3割であり、残りの7割は他の病気などで亡くなっているのです。
そういう意味では、ガン保険にだけ加入することはリスクが高いと考えます。
一般の医療保険ならば、ガンも含めたあらゆる病気を保障してくれますが、ガン保険はがんにかかったときだけしか保障してくれません。
したがって、ガン保険よりもまずは一般の医療保険に加入することをおすすめします。

しかし、やはりがんは恐い病気であり、治療費も他の病気と比較すると高額です。
がんに対する不安というものは、他の病気に対する不安に比べて大きいのも確かです。
そのため医療保険によっては、特約でがんに対する保障を手厚くしている(がんに対しては入院給付金を倍にしたり、保障期間を長くするなど)保険や、がんを含めた生活習慣病に対して保障を厚くしている医療保険もあります。
ですから、がんに対して強く不安を感じしている方は、このようにがんに対する特約があらかじめ付いている医療保険を選択したり、ガン特約をプラスすればいいと思います。

がん家系だったり家族や親族にがん患者がいるなど、よりがんが身近で心配だという人は、医療保険とは別途にガン保険に加入するようにしましょう。
医療保険と個別に加入しておけば、仮にがんにかかった場合、ガン保険からも医療保険からも保障が受けられます。
がんではない病気で入院した場合でも、医療保険から給付金を受け取ることができます。
二種類の保険に加入するので保険料の負担は大きくなりますが、できるだけ不安を取り除くためには仕方ないでしょう。
なお、ガン保険は医療保険と同様終身型にすべきです(高齢になるほど発症しやすいため)。
がんに対し充実した保障を希望する場合は、初期がん(上皮内がん)段階で診断給付金を支給する、通院治療にも給付金が出る、再発がんに対しても診断給付金が出る、先進医療に対応している、等の保障の手厚いガン保険もありますので、保険料は高くなりますが検討してみてはいかがでしょうか。

おすすめのガン保険(ガン保険の比較)

※ガン保険について詳しくしりたいなら⇒ がん保険の比較・おすすめガイド


FP(ファイナンシャルプランナー)に保険を相談しよう

生命保険は決して難しいものでありません。
しかし、保険の加入や見直しにあたって、自身や家族に必要な保障額や最適な保険の種類を知り、さらにたくさんの保険会社や保険商品の中から、自分にぴったりで保険料もお得なメリットの大きい保険を探すのは、かなり手間がかかる作業です。
最近は、保険ショップや保険代理店がおこなう保険相談サービスを利用する人がとても増えています。
ライフプランや家計の見直し、保険料節約のためにもぜひ利用してみてください。

⇒ FPに保険を相談しよう(無料保険相談サービスの紹介)

⇒ 有料相談にもメリット有り(有料保険相談サービスの紹介)

おすすめの医療保険(終身型)

近年は生命保険(死亡保険)の契約数・契約高が減少傾向の中、成長分野である医療保険をめぐって生保・損保各社が特に激しい競争を繰り広げています。
そんな中、保障内容が充実し保険料もリーズナブルな終身型の医療保険商品が増えてきています。

⇒ おすすめの終身医療保険